漫画家を目指す皆さんへ

私が初めて漫画を買ってもらったのは小学生の時でした。
ページをめくらなくても台詞を覚えてしまうほど何度も読み返し、
1ページ1ページを隅々まで見ていた記憶があります。
一冊の単行本が、私にとっては宝物になりました。

漫画は、私達に心震えるほどの感動を与えてくれます。
どきどきするほどの想像力を与え、時にはその漫画の世界へと
私達をいざなってくれます。
「こどもの読み物」としての認識はもはや古く、大人にとっても
生活に浸透した身近な存在であることは間違いありません。
これほどまでに人を感動させ、共感を与え、涙を流させ、魅了させる…。
漫画というツールは娯楽の域を超えた、日本が世界に誇る"文化"です。
そんな"漫画"を仕事に出来たなら…。
自分の想いを漫画にのせ、伝えることが出来たなら…。
そう夢見ながらも多くの人は「夢はあくまでも夢」と諦めてしまいます。
それでも"夢"を自らの"未来"として捉え本格的に学ぼうとしたとき、
多くの専門学校や専門大学の敷居の高さに驚くのが現状ではないでしょうか。
都市に立ち並ぶ豪奢な校舎や華やかな宣伝広告、高額な授業料に
「とても通えそうにないな。やっぱり自分は漫画家になるのは無理だったんだ」
と挫折してしまう人も多いでしょう。
そして同時に、「学費に見合った分しっかり教えてもらえるんだろう」とも
思うのではないでしょうか。

しかし、残念ながらそうではありません。

高額な学費は、"学費"以外の費用に充てられていくために
高額になることがほとんどだからです。
例えば学校の資料請求をした時に送られてくる膨大な量の学校案内。
生徒集めに力を入れているところでは、一回資料請求をしただけで
その後1週間に一度のペースで資料やパンフレットを送り続ける学校もあります。
それらには全て費用がかかります。
その費用の出処は、もちろん生徒の学費からです。
言い挙げれば切りがありませんが、つまり純粋な学費というのは
提示額の内ほんの少ししか掛からないということです。

高額な費用を理由に、漫画を学ぶことを諦めないでください。
「漫画を描きたい」という夢や未来がそんなことを理由に
閉ざされてしまうのは、あまりにも悲しすぎます。

ニコニコまんがスクールはフレンドリーな教室を目指し
「誰でも気軽に。楽しく。本格的に」を基盤に創られました。
漫画家を目指す人たちの夢を実現する手助けが出来れば、という想いが
私達の共通の想いです。

夢を実現するためには楽しいことばかりではありません。
ですが一緒に歩む相手が居れば、その道のりも険しいばかりでは無いはずです。
私達と、そして同じ夢を持つ仲間と
夢を実現してみませんか?

                                         Kaori

ニコニコまんがスクールホームへニコニコまんがスクールの概要ニコニコまんがスクールとは?んがスクールと専門学校の違い?授業内容と年間カリキュラム漫画用背景3Dモデリングコース教室場所と授業時間授業料について担当講師からのコメント専門学校体験談代表あいさつお問い合わせ

ニコニコまんがスクール番外編体験&説明会
まんがスクールへのお申込み
ニコニコまんがスクールのメンバー紹介