授業内容とカリキュラム
1年目に学習するおもな内容
1年生課題
漫画の仕上げはペン入れが必要。
えんぴつ画が上手くても 慣れないペン入れで見栄えを悪くしてしまうケースが多々ある。
原稿のクオリティーをUPさせる為にもペン慣れが必須条件!
正面輪郭(目・鼻・耳・口)を左右対称に描けるようになる為の練習。
オリジナルのキャラを作り自キャラの喜怒哀楽が自然に表現できるようになる為の練習。
ムラ・はみ出し・塗り残しなどをなくす為のベタの練習。
筆ペンを使った光源処理・髪艶など陰影・ツヤベタ練習。
原稿を綺麗に仕上げる為に不可欠な面相筆を使った修正の練習
手の動きや関節と関節の距離間隔や曲がり方、不自然に描写しがちの色々な
アングルから見た手を、自然に描写する為の練習。
素足の動き・履物などを履いたときの動きなど色々なアングルから見た足が
不自然にならないように描写する為の練習
正面カメラから見たキャラクターの上向きや下向き。
カメラの位置を変える事により色々な角度から見たキャラクターが
不自然に見えないように描く為のアングルの練習

  一般的によく言われる漫画に必要な起承転結や5W1Hから
  ストーリーの骨格になるプロットを考え「テーマ」・「ウリ」・「キャラクター」・「エピソード」など
  基本的なストーリーの作り方を習得

漫画特有の表現方法でペン、定規を使った画面演出の表現の練習。
  キャラの感情表現・場面の演出などを表現する為のフリーハンドによる効果の練習。
      さまざまな種類の植物、樹木などをペンによる表現方で描き分ける練習。
2年目、週1回の授業で学習するおもな内容
2年生課題
キャラクターをどの角度から見せても、 同一のキャラクターに見せる為の練習。
世代別キャラクターの表情描き分け。
世代別の人物特徴を捉え、 漫画制作の自然なキャラクター登場に活かす為の
描き分け練習。
基本の集中線から定規を使わないフリーハンド効果の練習。
トーンワーク、カッターによるトーンの削り方の練習。
子供から老人までキャラクターの全身図描き分けの練習。
人物の体系別、性別によるの身体的特徴をそれぞれ捉え、描き分ける練習。
キャラクターの一般的な基本動作を立体で理解出来るように、 人物パースへの
理解を深める為の練習。
角度別、正面・後ろ・あおり・ふかん、様々な角度から 同一キャラクターの動作を
自然かつ同一に見せる為の練習。
歩く・走る・座る・寝るなどの男女別描き分け。
男女の身体的特徴の違いを理解し、描き分ける為の練習。
漫画制作上欠かす事の出来ない背景の一点、二点、三点、 それぞれの透視図法の
基本知識を理解し、 その背景に人物パースを取り入れて描き込む練習。
漫画制作時に使用されることの多い効果の練習。
火・煙・爆発・水などの物質類をペン描写やベタによって表現する為の練習。
物の材質・量感と質感の表現などをペン描写やベタによって 表現する為の練習。
物質の素材の表現をペン描写によって表現させる為の練習。
単行本の表紙や4色原稿などで必要な色塗りをデジタルで習得
画面の構成や構図を考えたキャラクターを元に色付けをしていきます。
ニコニコまんがスクールホームへニコニコまんがスクールの概要ニコニコまんがスクールとは?まんがスクールと専門学校の違い?漫画用背景3Dモデリングコース教室場所と授業時間授業料について担当講師からのコメント漫画家を目指す皆さんへ専門学校体験談代表あいさつお問い合わせ

ニコニコまんがスクール番外編 体験&説明会
まんがスクールへのお申込み